あひるなんちゃら次回公演

日程:
  2017/03/08〜12
会場:
  下北沢 駅前劇場
Category
New Entries
Profile
Recent Comment
Archives
Search
mobile
qrcode
RSSATOM
次の、関村個人企画は7月1日と2日!「タイトルはあとで考えるよ」
またやります。関村個人企画



まあ、いろいろと説明すべきことがあるんですけども、まずはタイトルのことを書きますね。

タイトルはですね、いまのところ「タイトルはあとで考えるよ」となってますけども、これ、こういうタイトルということではなくて、文字通りの意味で、あとで考えようと思っております。脚本の内容は思い付いてるし、書き始めてるんですけどね。

なんでそんなことになってるのかというと、本当に、さっきまでマジでタイトルを決めようと懸命に考えてたんですけど、決められなくて。ここまで決められないなら、あとで決めればいいや、って思いましてね。
通常、演劇の公演ってタイトルを先に決めるわけですよ、や、すげえ脚本を早く仕上げるタイプの人たちは違うかもしれませんけども、少なくとも私はそうなんですね。とりあえずタイトルが決まってないと、チラシを作れないから。で、脚本は、練習してて「こうしたほうが面白いから変えよう」みたいなこともありますから、公演直前でも書き直したりできちゃうんですけど、タイトルはもうチラシができたあとは、よっぽどのことがないかぎり変更できないじゃないですか、普通は。

関村個人企画は、まあそんなにしっかりしたコンセプトのある企画ではないですけども、やっぱり「あひるなんちゃらではできないこと」をやれる企画ではあるんで、今回はせっかくだから、タイトルをギリギリまで悩んでみようかな、と思ったんですよ。
そんなわけで、まだタイトルは決めておりません。


そして出演者について。
今回は「植松愛」と「三瓶大介」の二人芝居です。

植松愛、という役者はですね、さっきツイッターでつぶやいたら、ピンときてくださった方もいてびっくりしたんですけども、10年以上前にあひるなんちゃらによく出演してた役者なんですね。当時は名前が違ったんで「植松愛」で検索しても、あひるなんちゃらのことは一切出て来ませんが、とにかく出てました。
都合の悪いことは忘れる主義なので、あんまり覚えてないんですけど「当時の関村は頭がおかしかったので、若くて小さな女の子である植松を舞台上で本気でぶん投げてた」って話を誰かから聞いたんで、あまりいい扱いはしてなかったと思われます。とはいえ、かなり可愛がってたとは思うんですよね。あの頃は、出演者がみんなほぼ同年代で、植松だけちょっと若い、みたいな感じだったんで。「育てよう!」みたいなことを生意気にも考えてたはずなんですが、そのような指導力があるわけでもなかったんで(今もあるかは疑問だけど)、私はただ威張ってただけだった可能性が高いんですが。まあ、で、可愛がってたわりには、なんやかんやで気付いたら10年以上一緒に芝居してなかったんですけども、勝手に育ったようでして、いろいろ頑張ってるみたいです。子供まで産んじゃって、すっかり大人になったねえ、って感じなんですけども。

まあそんな植松がですね、突然「なんかやりたいです!」って感じのメールを送ってきてくれましてね。普通だったら感動するところだと思うんですよ、だってねえ、ただ威張ってた人にそんなこと言ってきてくれるなんてねえ。ですが、例によってそんな連絡を貰った時の私は完全に酔っ払ってたんで、あんまり深く考えずに「オッケー!今、酔っ払ってるから、明日メールする!」とかなんとか軽い返事をしちゃったんですけども、あとでちゃんと良く考えまして、この公演をやることにした次第です。

で、植松で何をやるか、ってことを考えまして、二人芝居をやることにしました。最初は、私が自分で出演もして二人芝居、というプランで行こうかと思ったんですが、せっかくの機会だしちゃんと演出をしたほうがいいんじゃないか、と思い直しまして、誰か頼りになる役者を、ってことで、三瓶にお願いしました。三瓶はですね、近年のあひるなんちゃらにもよく出演してもらってるんですけども、つい最近、芸能事務所に所属しましてね。マクスタア、っていう私やあひるなんちゃらの者どもにもよくしてくださっている事務所なんですけども。三瓶はそこに5月から完全に所属という形になって、いろんなチャンスをつかみかけてる状態の時で、はっきり言って忙しいはずなんですが、手を貸してくれることになりました。この人は、とにかく頼りになるんで、まあ、今回もばっちりやってくれると思います。

植松も三瓶も、あひるなんちゃらに出演したことあるんで、お互い知ってるかと思ってたんですけども、出てる時期が違うので、初顔合わせだそうです。というか、まだ喋ったことがないようです。時空を超えた組み合わせになったんで、どんなことになるのか私も楽しみです。みなさまのご来場をお待ちしております。




あひるなんちゃら関村個人企画「タイトルはあとで考えるよ」

脚本・演出:
関村俊介(あひるなんちゃら)

出演:
植松愛
三瓶大介(マクスタア)

日時:
2017年07月01日(土) 14:00/17:00/20:00
2017年07月02日(日) 14:00/17:00
※受付開始、開場は開演の30分前。
※全席自由

料金:
予約すると 1800円
予約しないで当日いきなりくると 2000円
※全席自由席・日時指定

予約:
チケットの予約はこちらからできます!
※最終予約受付は公演2時間前までとさせていただきます。
※公演当日はご予約頂いたお客様から優先してご案内致します。当日の定員を超えますと、ご入場頂けない場合がございますので、ご予約されることをお勧め致します。
※ご予約申し込み時に、携帯電話のメールアドレスをご使用の場合、こちらからの返信メールが受信拒否されてしまう可能性があります。「ahirunanchara.com」ドメインの受信が可能なように設定・登録していただきますようお願い致します。

会場:
Live space anima


posted by: 関村俊介 | 01:53 | comments(0) | trackbacks(0) | 雑記・日記
土曜日と日曜日だよ、もうすぐだよ「猫は地球を見て美しいと思わないよ」。見に来て!!
関村です。今週末、ミニ公演です。

今日は、やることが、そのミニ公演にたくさんお客様が来てくれるための活動、いわゆる宣伝活動しかないのですが、なにしろ、そういった活動のセンスがないので「予約入れ!」と祈りながらパソコンの画面を眺めているだけの時間をずっと過ごしております。ちょっと!みんな見に来てよ!

祈りながらパソコンの画面を見てても、目が疲れるだけなので、ブログを書くことにしました。


私は、定期的に「宇宙」に関する脚本を書きたくなるんです。でもですね、宇宙って題材は重いんですよ。どうしても真面目になっちゃう。それと説明が難しくなっちゃう。あとちょっとふざけるとすぐに人が死んじゃう。私がやってる芝居は、気軽に観てもらいたいやつなんで、あんまり重いと困るんですね。で、いつも悩んだ末に、宇宙とあんまり関係なかったな、みたいな脚本が完成するんですね、毎回。それが失敗作ってことではないんですけども、どこかで「あー、やっぱり宇宙の書くの難しかったな、今回も宇宙の要素が薄かったな。」って反省したりしてたんです。それが、なんと、今回、かなり宇宙なのができたんです!本当、嬉しくて。いや、極めて個人的なものさしでの話なので、見てくださった方がどう思うのかは、わかんないんですけど、とりあえず、あひるなんちゃらが嫌いじゃなかったら、かなりの高確率で楽しめるはずです!なんなら嫌いな人も大丈夫かもしれない!それくらい宇宙。でも、難解なやつとかじゃないので、ご安心ください。

まあそんなわけで、まだまだ席がありますので、お時間ありましたら、見に来てやってください。45分くらいで、さくっと見れます。おじさんが宇宙を目指す話です。



「猫は地球を見て美しいと思わないよ」

脚本・演出■
関村俊介(あひるなんちゃら)

出演■
渡辺裕也
根津茂尚(あひるなんちゃら)

日時■
2017年05月27日(土) 14:00/17:00/20:00
2017年05月28日(日) 14:00
※受付開始、開場は開演の30分前。
※全席自由

場所■
Live space anima

料金■
予約すると 1800円/予約しないで当日いきなりくると 2000円
※全席自由席・日時指定

ご予約はこちらからできます!



posted by: 関村俊介 | 18:16 | comments(0) | trackbacks(0) | 雑記・日記
「猫は地球を見て美しいと思わないよ」のこと
ゴールデンウィークも終わってしまいましたね。ゴールデンウィークとか正月とかってなると、わくわくするんですが、インドアな人間なので、結局、ごろごろしてるだけで終わっちゃうんですよ。あーあもったいねえな、と思ったりもするんですが、たぶん、ごろごろして時間を無駄に過ごすのが好きなんでしょうね。
いつもはそんなんなんですけども、今年は、3週間後に芝居があるんで、いろいろやってて、例年よりは、有意義に過ごしました。あと夏のあひるなんちゃらの公演の関係でもやることあったりしたし。って、俺のゴールデンウィーク、全然休みじゃねえや。1日だけ友達と遊んだけど。


さて、3週間後の芝居のことについて書きますね。

☆5月27日、28日の関村個人企画ミニ公演、詳しい公演情報はこちら



こんなおじさん二人芝居です。あひるなんちゃらの根津茂尚と、あひるなんちゃらにもよく出演してもらってる渡辺裕也くんです。これまで個人企画では、あひるなんちゃらのメンバーに声をかけてなかったんですが、なんか話の流れで根津&渡辺ってコンビで芝居したら面白そうだね、って話になって、その場の勢いで決定してしまいました。
現在、私が一緒に芝居をすることの多いの役者さんたちの中で、もっとも古い付き合いなのがこの2人なんですよ。あ、あと、日栄さんもそうか、まあ、日栄さんの話は省略しますけども、とにかく古い付き合いなんですよ、根津と渡辺くんは。なにしろ、あひるなんちゃらの旗上げの時、主役は渡辺くんだったし、根津は「出演してよ」って言ったら「俺、受付やってみたい」っていう謎の返事をしてきて、実際に受付にいたんですよ。

その時点で友達だったこの人たちとは、とある劇団で出会ったんですね。って、劇団名を伏せると黒歴史みたいに思われちゃいそうですけども、そんなことはなくて、こういうところに劇団名を書いていいのかわかんないから書かないだけですけども。私は、そこの劇団員のような劇団員じゃないような、微妙なスタンスで参加させてもらってて、そこに客演としてやってきたのが、根津と渡辺くんだったわけです、や、他にもたくさんいたけど。根津は劇団員のある人がどっかから連れて来た当時まだ舞台に立ったことがない人で、渡辺くんは別の劇団員が他のところの手伝いをした時に見ていい役者だなと思って客演をお願いした人だったと思います。

で、その劇団がですね、毎回ではないんだけど、2回に1回くらいのペースで宇宙の話の芝居をしてたんですよ。私は、宇宙の時と宇宙じゃない時だと、宇宙の時のほうが断然好きだったんで、今でも「その劇団=宇宙」っていうイメージがあるんです。根津と渡辺くんが初めてその劇団に出た時も宇宙の話で、少年が博士と一緒にロケットを作って宇宙を目指すっていう内容でした。

それから何回か連続でその劇団にみんな出演しまして、で、今思えば、だいぶ仲良しだったんですよ、その当時。今はもう、仲が悪くて悪くて、会うたびに殴り合いですよ。血だるまになりながら芝居の練習してますから。常に看護師が練習場に待機していて輸血の準備をしている、そんな状況です。いろいろ嘘を書き連ねましたけども、まあ、当時は本当、今よりだいぶ仲良しでした。そこは練習をたくさんやる劇団だったんで、話す時間もたくさんあったし、根津と渡辺くんに限らず、みんなで、かなりいろんなことを話したと思います。あれ何年前だろ?15年以上は前ですよ。若かったなあ。青春ですよ。

そんなこんなで、根津と渡辺くん、の二人芝居となったら「宇宙の話をするしかないでしょう!」って思いまして。少年が宇宙を目指す話を、なんなら当時のその劇団の作家さんに連絡してリメイクさせてもらったりしても面白いかな、くらいのところまで考えたんですが、もともと15人くらい出てくる芝居だったし、なにより、さっき載せた写真を見れば一目瞭然だけど、もうこっちは完全におじさんだから、少年とか絶対に無理だな、って思ったんで、おじさんと宇宙、をテーマに、まあいつもどおりの気軽で愉快な芝居にしました。

なんと、いまのところ、同時開催のオーディションより、芝居の予約のほうが少ない、という衝撃的な状況になっております!観たい人より出たい人のほうが多いってどういうことだよ!これが今の小劇場なのか?や、さすがに、このまま本番を迎えるわけないとは思いますけども、ちょっと心配になってきたので、こうやって今回の芝居への熱い想いをブログにしたためてみた次第です。

ご予約はこちらからできます!


つーわけで、どうぞ、よろしくお願いします!本番まであと3週間切ってます!

posted by: 関村俊介 | 11:38 | comments(0) | trackbacks(0) | 雑記・日記
関村個人企画!ミニ公演と、オーディションやります!5月27日と28日!
関村です。

今年はバリバリやるぞ!ってことで、またもミニ公演やります!今度は新作!5月27日&28日!

さらに、もっとバリバリやるやめに、オーディションをやってみます!5月28日!

とりあえず、お知らせだけしてみましたけども。それぞれについて書きます。

ミニ公演は、「猫は地球を見て美しいと思わないよ」というタイトルの新作をやります。なんだかかっこつけたようなタイトルですけども、あひるなんちゃらの本公演ではやらないようなタイトルにしてやろうと思って、そうしてみました。宇宙から地球を見るとそれはそれは美しくて人生観とかが変わるらしいんですけども、動物が見てもなんか思うところがあったりするんですかねえ。
出演は、根津茂尚(あひるなんちゃら)、と、渡辺裕也、です。
おっさん二人芝居です。
50分くらいの、サクっと見れる愉快な芝居にしたいと思っております。



「猫は地球を見て美しいと思わないよ」

脚本・演出■関村俊介(あひるなんちゃら)

出演■根津茂尚(あひるなんちゃら)、渡辺裕也

日時■
2017年05月27日(土) 14:00/17:00/20:00
2017年05月28日(日) 14:00
※受付開始、開場は開演の30分前。
※全席自由

料金■
予約すると 1800円/予約しないで当日いきなりくると 2000円
※全席自由席・日時指定

ご予約はこちらからできます!




オーディションのほうは、リンク先のサイトにもいろいろ書いたんですけども。
あひるなんちゃらではオーディションというものをしたことがなくてですね、いつも主に私が探してきた役者さんに出演をお願いしてるんですが、まあ、たまに「○○さんって役者があひるなんちゃら出たいって言ってたよ」みたいな情報を聞いたりするんですよ。でも「そんな奇特な人いるの?」とか「本当か嘘かわかんないし…」とか「俺、知らない人と話すの苦手だし…」とか「本人に聞いて『はあ?』とか言われたらすげえ恥ずかしいじゃん…」とか、うじうじしてるうちに、○○さんの人気が上がってとても呼べるような状態じゃなくなって、本当に出たいって言ってたかさえもわからないまま終わったりするわけですよ。そんなこともありまして、今回はあひるなんちゃらのオーディションではないけども、私の芝居に出たいと思ってる人なんて存在するのか、ということを確認する意味も込めてやってみることにしました。
あと、たまに「ワークショップやらないんですか?」みたいなことを言ってくれる演劇関係者とかもいまして、私はあんまり特殊な演劇の作り方をしてないと思うので「やー、普通のことしかやってないし、ワークショップはやらないっすねー。」とか答えるんですけども、せっかくの機会なんで、一応、こんな風にいつもやってますよー、みたいなことがわかるような、ワークショップ的なこともちょっとだけ入れられるようなものを目指しております。
が、なにしろ、本当にどれくらい人が来てくれるのかわかんないので「内容は人数次第!」という、ややグダグダ感のある告知になっております。

5月27日、28日!こんな感じでございます!どうぞよろしくお願いします!


posted by: 関村俊介 | 19:09 | comments(0) | trackbacks(0) | 雑記・日記
「コーヒー、キライ」終わりました。
関村です。あひるなんちゃらの公演の2週間後という、軽く無理めな日程で実施しました個人企画「コーヒー、キライ」が終わりました。ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。

なにしろ、あひるなんちゃらの公演の直後だったので、同じ人が脚本を書いてる芝居なんか誰も見に来ないんじゃないか、と思っていたのですが、意外にもほぼ満員になりまして、ありがたいかぎりでございます。

あ、脚本をここで売ってます!





まあ、なんか近いうちに、これ、また、後藤さんと一緒にやりたいと思います。次も同じだと本当に誰も見に来ないと思うんで、そんなに超近いうちにやったりはしませんが。というか、次は何しようかなあ。

posted by: 関村俊介 | 06:06 | comments(0) | trackbacks(0) | 雑記・日記
「これは中型の犬ですか?」脚本電子書籍発売開始しました!
関村です。発売開始しました、って日本語としておかしいな。ま、いいか。よくないか。調べてみるか。調べたところ「微妙」との判定でした。日本語難しいね。そんな人が脚本を書いています。大丈夫か?

そんなわけで、先日のあひるなんちゃらの公演「これは中型の犬ですか?」の脚本の電子書籍の販売を、本日、架空ストアさんで開始しました!


↑画像をクリックすると「これは中型の犬ですか?」の販売ページに行けます。

文字で読むとまた違った楽しみ方ができる可能性を秘めています!
や、本当は「楽しみ方ができます!」と言い切りたいところなんですけども、正直、自分で書いたものだから、そこらへんのところはよくわかりません!でも、わりと面白いと思うよ!お値段は500円!暇つぶしに是非!

ちなみに、架空ストアさんでは、過去の脚本も売っておりまして。

こちらから関村の脚本一覧に行けます!

例えば、今度の日曜日にやる「コーヒー、キライ」の脚本も売っていたりします!こちらはお値段300円!芝居を見る前に脚本を読んでしまう、という遊び方もできるかと思います!こちらも是非!


脚本なんか全然興味ねえし!だから読まねえし!、って方は、読まなくていいんで、関村に募金すると思ってとりあえず買っちゃえばいいと思います!よろしくお願いします!

posted by: 関村俊介 | 11:28 | comments(0) | trackbacks(0) | 雑記・日記
来週の日曜日!26日にまた芝居やるよ!の話
あひるなんちゃら公演「これは中型の犬ですか?」も終わって、静かな日々を過ごしております、関村です。
改めまして、ご来場ありがとうございました。

ご来場された時、このようなチラシが折り込まれていたのにお気付きだったでしょうか。


すぐにまた公演やるんですよ。っていうチラシでございます。
あひるなんちゃらの公演ではなくて、私の個人企画でございます。

今年はやたらと芝居をやってみようと思っててですね。1月にもミニ公演をやったんですけども、その時に「今年はたくさん公演しようと思ってるから、オーディションとかやるかも!」なんてなことを前説で言ったんですよ。言っちゃったものの、オーディションとかやったことないからやり方がわかんないし、そもそも私ごときゴミ虫が何を偉そうにオーディションとか言ってんだよとも思うし、それで誰も受けに来なかったら恥ずかしすぎるし、その他もろもろの事情もあって、早くもオーディションの開催は危ぶまれているんですけども。まあそんなことを人前で恥ずかしげもなく発表したかいがありまして、後藤飛鳥(五反田団)さんが「出てやってもいいよ」的なことをどこかで言ってたとか言ってなかったとか、そんな噂が私の耳に届きました。じゃあやるしかないでしょ!ってなわけで、さっそくお願いしまして、会場もおさえまして、公演できることになったわけです。3月26日に!

って、あひるなんちゃら終わってから2週間後だよ?早すぎるだろ?頭おかしいんじゃない?、と自分でも思うんですけど、まあ、なんかそれくらいの勢いでやりたかったんですよ。

演目は何年か前に書いた、アイドルを目指す妹とアイドル好きな兄の話です。上演時間は約50分の2人芝居です。実は先月に、劇団幕星というところで若い役者たちにやってもらった脚本なんですけど、それを見てたら自分でも久々にやってみたくなったので、やってしまいます。

冒頭に「静かな日々を過ごしております」とか書きましたけど、まあ、そんなわけで練習はしてます!バリバリやってます!練習の時間以外は、家で「昼飯は何にしようかな」とか「晩飯は何にしようかな」とか「明日の朝飯は何にしようかな」とか考えながらテレビを見てるだけの生き物になってるので、静かな日々を過ごしてるってのは嘘ではないです。練習の時しかまともに活動してません!そんな廃人がやってる芝居です!

1日だけの公演ですが、お時間ある方は是非。面白い感じになると思いますので。



「コーヒー、キライ」

出演:後藤飛鳥(五反田団)、関村俊介(あひるなんちゃら)
日時:2017年03月26日(日) 13:00/16:00/19:00
料金:予約すると 1800円/予約しないで当日いきなりくると 2000円
会場:Live space anima

ご予約はこちらから!
その他の情報はこちら!

posted by: 関村俊介 | 12:14 | comments(0) | trackbacks(0) | 雑記・日記
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。
あけましておめでとうございます。あひるなんちゃら関村です。

年間にあるイベントのうちで正月が一番好きなんですけども、何をするわけでもなく、だらだらとテレビを見たり、ゲームをしたり、寝たり、食べたりしているうちにもう1月4日です。早いなあ。

今年のあひるなんちゃらは、なんか例年と違うこともできたらいいなあ、くらいの感じだと思います。とりあえず、3月に公演がありますので、ひとつよろしくおねがいします。チラシの折り込みも始まってますので、劇場などで見かけた時には手に取っていただけると幸いです。

個人的には、今年はバリバリ芝居をしようと思っています。いまのところは思ってるだけですが、なんかこう、なんですかねえ、去年はダメダメだったんですよ。去年の年頭のブログには、頑張るぞ!、みたいなことを書いてたんですね、ちょっと同学年の友達が直前の大晦日に芝居を辞めるとか言い出したのもあって、いつか帰ってくる時もあるかもしれないから俺はバリバリやるよ!、っていう。で、結果、芝居はちゃんとやれてたんですけども、なんかこう、私生活で「ついてねえなあ」ってことが多くて、心に余裕がなくて、新しい動きが全然できなかったなあ、というのが正直なところなんですね。でもって、この間、年末に時間堂っていう劇団が解散したんですよ。まあ、私は時間堂、何年も観に行ってなかったんで、別にあんまりそれがどうとか語る資格はないんですけども、時間堂の堂主って名乗ってたかな、まあ要するに主宰であった黒澤世莉がですね、これまた同学年なんですよ。2年連続ですよ。そういう年齢なんだよ、って言っちゃえばそうなんですけども、あいつはあいつでいろいろ頑張ってたことは、風の噂で聞こえてきてましたからね、思うところはあるんですよ。

私は、あひるなんちゃらを解散する気もなければ、やばい予感もしてないんで、大丈夫だと思いますが、続けていられるだけでも幸運なんだよなあ、と気付きました。ついてねえとか怠け者の言い訳じゃねえか、と。や、でも、本当にいろいろついてなかったから、100%言い訳だとは思ってないけど。ま、そんなもろもろ含めて「今年はもっとラッキーな1年になるに決まってる!」ので、芝居もどんどんやって行こうと考えている次第です。活動的に生きるぞ!

とか言ってるのに、1月1日から今日まで、まだ何もやってないのが、我ながら恐ろしいところです。。。怠け者すぎるだろ。。。

そんなわけで、とりあえず、新年早々、芝居します。1日だけのミニ公演です。明日から練習再開するので、明日からは、怠け者返上でやっていきますので!みんな見に来てね!


関村と浅野「タルフ兄弟、と、メロテスカー」
日時:2017年1月9日(祝) 13:00/16:00/19:00
場所:Live space anima
出演:澤唯(サマカト)、渡辺裕也、おがわじゅんや(MCR)、関村俊介(あひるなんちゃら)
料金:予約すると1800円、当日突然来ると2000円

予約はこちらで受付中!


2017年!ここから始めます!どうかよろしくお願い申し上げます!

posted by: 関村俊介 | 21:38 | comments(0) | trackbacks(0) | 雑記・日記
昨日のあるテレビ番組を見て思ったこと。あと、関村と浅野「タルフ兄弟、と、メロテスカー」の宣伝。
年の瀬ですね。

ダイエット継続中なんですけども、最近やたらとお菓子を食べてしまいます。こうやってリバウンドするんだな、と思いながらも、ついつい食べてしまうのです。せめて運動をしようと、芝居の練習に自転車で行ったりはしておりますが、そんなもんで消費されないカロリーなんだろうなあ、ポップコーンとか。

芝居の練習とは、来年になったらすぐに本番の、

関村と浅野「タルフ兄弟、と、メロテスカー」
日時:2017年1月9日(祝) 13:00/16:00/19:00
場所:Live space anima
出演:澤唯(サマカト)、渡辺裕也、おがわじゅんや(MCR)、関村俊介(あひるなんちゃら)
料金:予約すると1800円、当日突然来ると2000円

これのでございます。予約もばりばり受付中!です。

あ、「タルフ兄弟」の脚本は先日からやたら宣伝している電子書籍で300円で売っておりますので、先に脚本読んでから見に来る、なんていう楽しみ方もできますので、よかったら是非。買うのはちょっと…、とか、最後まで読んじゃうのはちょっと…、という方は、試し読みで序盤だけ読んでみる、という手もありますよ。

ま、そんなわけで、おっさんが集まって、芝居の練習をして、酒を飲みに行く日々なんですけども。どっちかというと酒を飲むのがメインじゃねえか、みたいな日々になることを危惧していたのですが(なにしろ、私がとにかく怠け者なので)、意外にも、すげえ真面目に練習しております。

昨日ももちろん練習をしていまして。昨日ってあれじゃないですか、SMAP×SMAPの最終回があったじゃないですか。すげえ気になってて。私はSMAPファンではないんですけども、アイドル(主にアンジュルム)大好き人間なので、アイドルグループの解散に対する興味がちょっと異常なくらいあるんですよ。解散する日は大晦日とのことですけども、おそらくこの番組が最後みたいな雰囲気だったし。だから練習なんか休みにしようぜ、とはさすがにできないので、録画しておきまして、しっかり練習して、しっかり酒を飲んで(何故か朝まで)、家に帰ってから見たんですよ。番組内容については賛否あるかと思うんですけども、それよりも、ツイッターなどで見るファンのみなさんの感想であるとか、放送内容の読み解き方であるとかを見たかったんですよ。そのために番組からしっかり見ることにしたわけです。

ジャニーズのファンの方々って、とんでもない数いるじゃないですか。SMAPを知らない人なんて日本にはほぼ存在しないくらいですけど、ファンの方々は当たり前だけど、詳しくSMAPのことを知ってるわけですよ、とんでもない数の人々が詳しく知ってるわけです。そういう詳しい方々が、あの番組で与えられた情報から受け取ったものとはどういうものなんだろう、と私はそこに興味があったわけです。

私はハロー!プロジェクトのアイドルばっかり見てますけども、そこでも、与えられた情報から何かを読み取る、ということを日常的にやっているわけです、YouTubeでやってる番組とか、インタビューとかを見て、小娘の発言にいいとしこいたおっさんが一喜一憂しているのです。もっとコアなファンの方は、握手会などでメンバーから直接何かを聞いたりとかもしてるわけです、私は握手に行っても緊張して何も喋れませんが。

昨日の番組で、SMAPは解散について何も語りませんでした。私はそれを見て、何もねえのかよ、みたいなことを思いました。これはファンの人々も怒っているだけなのではないか、だって受け取れるものがなにもなかったじゃないか。そう考えながらも、ファンの人々のコメントをインターネットで探しました。

SMAPファンのみなさんの反応は私の想像していたものとは違いました。

「何も語らない」という事実から、様々なことを受け取って、思ったことを、インターネットに書いていたのです。それを見て、私は単純に、凄い、と思ったんです。言葉から何かを受け取るのさえ難しいことがあるのに、言葉が無くても受け取れてるんです。もちろん、その受け取ったものが正解なのかは、SMAP本人にしかわかりませんけども、この難問に対して提出した答案が白紙ではない人が、こんなにもたくさんいることが凄いと思ったのです。これがあそこまでいったアイドルのファンなんですよ。逆にいうと、こういう凄いファンがたくさんいるから、凄いアイドルグループが存在できるんですよ。

私もああいう良きファンにならなければな、とそう思いました。「メロテスカー」もアイドルファンの話ですが、ちょっとそういう方向の話ではないから、芝居にあからさまな影響はないと思いますが、影響出ちゃうかも、くらいの衝撃でした。

いやー、凄いわ、本当。全てのSMAPファンに幸あれ!

posted by: 関村俊介 | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) | 雑記・日記
新しい自転車の話。あと、明日、あひるなんちゃら次回公演の詳細をサイトとかブログとかに載せるよの話。
あひるなんちゃら宣伝サポーターによる、前回公演の超ダイジェスト動画がアップされました。というか、アップされてました。



で、この動画のラストにも出てますけども。明日。あひるなんちゃら次回公演の、タイトルとかそういったもろもろを、サイトとかブログとかに載せる予定です。お昼頃にやろうと思っています。
ちなみにタイトルは、今のところチラシを作った人と劇団員しか知りません。どんなタイトルなのか予想して当たった人には何か差し上げたいところですが、ちょっとあとで書く自転車の件もありまして、何も差し上げることはできません。が、よかったら予想してみてください。白黒コピーの仮で作ったチラシをいくつかの芝居に折り込みさせてもらったんですけども、そこに犬の写真が載ってまして、まあそれが関係あるタイトルになっております。


さて、先日ここに書きましたけど、自転車がぶっ壊れまして。
まあ、その自転車は家族全員で使ってた物なので(まあ最近はボロすぎるので私以外はみんな使ってなかったけど)、どうしようか、という会議になりまして。私は、もっとも安く手に入る手段で自転車を手に入れればいいだけだろ、と思っていたのですが、妹がですね「せっかくだから買いたい自転車がある」と言い出しまして。「こいつまさか電動アシストのやつを買おうとしているのでは!?それだとダイエット効果が薄そうだから嫌だ!」と思ったので、兄の威厳丸出しで「電動アシストのはダメだ!」と言うと、そうではなくて無印良品とかのちょっとおしゃれな自転車が欲しいのだ、とのことでした。

「でも、それってお高いんでしょう?」と私は思うわけですが、あんまりそういう雰囲気を出すと兄の威厳が消えてしまうので「そういう見た目がいい自転車はさ、盗まれがちなんだよ。もっとヘボい自転車のほうがいいんだよ。」と、安さを前面に押し出さないように気を付けながら提案しました。しかし妹は、一歩も引きません。

結局「もう、買うの決めてるから。26000円だから。私とお母さんが10000円ずつ出すから、お兄ちゃんは6000円出して。」ということになりました。お兄ちゃんだけ負担額が少ないことでわかりましたが、兄の威厳など最初から出ていなかったのです。

「でも、6000円あったら俺の専用の安い自転車買えるじゃん!」って思うじゃないですか。なので、なんとか26000円のは阻止したかったんですけども、翌日には妹が買ってしまいました。仕事早いね!

そんなわけで、我が家に26000円の自転車がやってきましてね。昨日、初めて乗ろうとしまして。妹に自転車のカギを借りようとしたところ「大事に使ってよね。乱暴に扱わないでね。あと、乗る前に手を洗うように。」とか言うんですよ。10分前に俺が風呂に入ってたのを知っててこの発言ですよ。手も足も頭も綺麗だっつーの!

で、乗ってみると、新しい自転車、すげえ快適なの。え?こんなにスイスイ走ります?もしかして電動機付いてんじゃねえの?くらいの快適さ。いいわー、これ。でも、そのうち妹と喧嘩になるような出来事が起こる予感しかしないので、なんとかして自分専用の自転車を手に入れたいと思いました。

posted by: 関村俊介 | 10:54 | comments(0) | trackbacks(0) | 雑記・日記