あひるなんちゃら次回公演

日程:
  2019/03/14〜18
会場:
  下北沢 駅前劇場
Category
New Entries
Profile
Recent Comment
Archives
Search
mobile
qrcode
RSSATOM
ゲキシムーンナイト!
お笑いのライブを観に行ったのです。

私はお笑いが好きなんですけども。まあ、嫌いなのに、あひるなんちゃらみたいな芝居を作ってたとしたら、天才か狂人のどちらかなわけで、ええ、嫌いだったらよかったんですけども、私は天才でも狂人でもないので、もちろん好きなわけです、お笑い。ですが、ライブなどに足しげく通うような、お笑いファンではないのです。

行ったら面白いだろうな、とは思ってたんですが、どこから行ったらいいのかわかんないし。テレビでやってるので満足できなくてもDVDとかで面白いのもありますし。そういうことを考えてたら、行く理由が見付からなかったわけですよ。

でも、じゃあお前なんで演劇やってんだよ、って言われたら、そりゃ生の舞台のほうが面白いと思っているからでありまして、ならばお笑いもライブで楽しむ人間であるはずじゃないのか。矛盾してるじゃないか、俺よ。いやいや、こうした自己矛盾こそが人間の本質であり、矛盾を抱えているからこその人間であるわけでして。ああ、頭のいいふりをしようとして失敗した。自分で何を書いてるのかわからなくなってしまった。

ま、そんなこんなで、お笑いのライブに全然行ってなかったわけですが、行くきっかけがやってきたのです。それは友人からのメールでした。

その友人は、以前、演劇をやっており、その頃には、あひるなんちゃらにも出たりしてくれていました。まあ、あひるなんちゃらのwebサイトをよく読めばどうせ誰だかわかるので、名前を書いちゃいますけども、稲垣ってやつでして。稲垣は自分でも劇団をやってて、そこのメンバーの中垣くんと、さらにもう1人と一緒に、3人で、お笑い芸人になる、つって、演劇をやめたんです。それからいろいろあって名前を書かなかった1人はやめたとかで、2人になって、新しく別のもう1人が参加して、今はトリオで芸人をやっています。

稲垣はハゲています。稲垣は志村けんを尊敬しているのですが、その志村けんよりハゲています。私と同じ年なのにです。「ハゲと呼んでください!友達だったら俺をハゲと呼んでください!」と土下座で懇願する、という役を芝居でやってもらったのもいい思い出です。いい思い出ですが、その思い出のせいで、芝居のあらすじがまったく思い出せません。

そんな稲垣が、ライブやるからきてよ、というようなメールをくれまして。私、そのメールをもらった時は完全に酔っ払ってたんですが、なんだか興奮しまして「行くよ」と即答しました。翌朝、あせって自分の予定を確認したりもしたんですが、無事行けました。

ライブは、いろんな芸人さんが出てきて、ネタをやったり、トークをやったり、ちょっとした企画をやったり、相変わらずハゲをいじられたり、というもので、それについては、普通に観たことなくても想像していたような内容であったわけですが、予想外だったのは、そのお笑い芸人に囲まれている稲垣(と中垣くん)を見て、なんだか嬉しかった、っていうことでした。いや、お笑い芸人をやってんだから、お笑い芸人に囲まれてライブをしてるのは当たり前なんですけども、それを目の当たりにしたら、なんか嬉しかったんですよね。

で、そのまま、打ち上げに参加させてもらいまして、いろいろ話しました。ネタにしてもトークにしても、もっと面白くなりそうなのに、と思っちゃったりもしたんですが、話を聞いたら納得する理由があったりして、非常に勉強になりました。向こうからしたら、勉強してどうすんだよ笑って帰ればそれでいいんだよ、って感じでしょうけどもね。

なんですかね、まあ、行ってよかったな、っていうだけの話です。

posted by: 関村俊介 | 20:47 | comments(0) | trackbacks(0) | 雑記・日記









この記事のトラックバックURL
http://ahirunanchara.jugem.jp/trackback/3018
トラックバック