あひるなんちゃら次回公演

日程:
  2017/08/31〜09/04
会場:
  下北沢 駅前劇場
Category
New Entries
Profile
Recent Comment
Archives
Search
mobile
qrcode
RSSATOM
アフタートークゲスト紹介1 23日19時30分の回 谷陽介(あひる製造)
関村です。

あひるなんちゃら「ピッピピがいた宇宙」初日のアフタートクのゲストは、谷陽介、です。

そいつ誰だよ!?という声が聞こえてきたので、ちゃんと紹介します。

谷は、大学(九州芸術工科大学)の演劇部の後輩です。演劇部ではスタッフをやっていたのですが、あまりにも面白いヤツだったので「お前、なんかやれよ」と言って、私が福岡で始めた団体である、あひる実験室、の、第1回公演に出演するように命じました。すると、何を思ったのか「じゃあ腹話術をやります」と宣言し、人形のかわりに友達を抱きかかえて、舞台に立ちました。それは、腹話術でもなんでもなく、友達を抱えて会話をする人でしかなかったわけですが、それが異様に面白かったので、それからほぼ毎回出演してもらってました。というか、あひる実験室(のちに改名して、あひる製造)のメンバーにしました。そんな人です。

現在では、演劇を辞めて、ちゃんと働いているし、結婚もしてるし、2児のパパだったりするんですけども、私のことは覚えていてくれていたらしく、観に来るために予約フォームから予約をしてくれました。その予約が入ったのを見て「予約が入ったということは、その日はスケジュールがあいてるってことだよな」と思ったので、電話して「観に来た日にアフタートークに出ろ」と先輩風をビュンビュンに吹かせて言ったところ「いやー、もう、面白いこととか言えないっすよ」と断ってきました。なので「いいから出ろよ」と言いまして、アフタートークの出演が決定しました。

まあ、とにかく、面白い人で。文章では全く伝わらないかもしれないですが「久米宏のモノマネをしながら寿司を食う」とか…いや、もう、本当にこれ現物をみないと面白さが全然わからないと思いますけども、そういう謎の面白いことを考えついてしまう人です。当時の思い出もたくさんあるので、アフタートークでは、そういう話をできればいいなあ、と思っています。あひる実験室やあひる製造を観たことがある方はもちろん、そんなの知らない人も谷の面白さを味わってほしいです。いや、本当に面白いこととか言わないかもしれないけど、谷は、いるだけでなんか面白いんで、大丈夫です。

ちなみに、子供たちや、今の職場関係の人々には、そういった過去のことをひた隠しにして生きているそうです…。黒歴史かよ!

谷陽介、という名前にピンときた方は、是非、観に来て、谷の黒歴史を知ってほしい、そう思っております。

posted by: 関村俊介 | 01:51 | comments(0) | trackbacks(0) | ピッピピがいた宇宙









この記事のトラックバックURL
http://ahirunanchara.jugem.jp/trackback/3127
トラックバック