あひるなんちゃら次回公演

日程:
  2017/03/08〜12
会場:
  下北沢 駅前劇場
Category
New Entries
Profile
Recent Comment
Archives
Search
mobile
qrcode
RSSATOM
アフタートークゲスト紹介5 25日18時00分の回 福永郁央(あなピグモ捕獲団)
あひるなんちゃら「ピッピピがいた宇宙」福岡公演アフタートークゲスト、ラストはあなピグモ捕獲団のボスであらせられる福永郁央先輩です。大学の演劇部の先輩です。世話になりっぱなしで、ずっと頭があがりません。

私がまだ福岡であひる実験室を始めた頃には、すでにあなピグモ捕獲団は福岡演劇界に名を轟かせつつありまして、さらりと東京公演をしたりしてて、まあ、かっこいい先輩でした。自分の話になってしまいますが、それが羨ましくて、俺たちも東京公演しようぜ、なんつって、無理矢理東京公演をして、かなりの赤字を出し、公演終了直後の劇場に実の母親に5万円を持ってきてもらった、などという悲しい出来事もあったりしました。それくらい影響を受けた先輩です。

あなピグモ捕獲団は、2004年、東京に拠点を移しまして、福永さんも東京に引っ越してくることになりました。その引っ越し先を決めるために福永さんがやってきたので、少しでも力になろうと思い、うちの実家に泊まることを提案したのですが、うちの親が何故か冷たい対応をしまして(たぶん、5万円の件もあって、演劇及び演劇関係者があまり好きじゃない)、いきなり東京砂漠を味わうハメになってしまったことは、いまだに申し訳なく思っております。

そのうえ、当時のあひるなんちゃらは、いろいろ足りてなかったので、大先輩である、福岡演劇界のカリスマ福永郁央に照明をギャラ500円でやってもらったりしてました。いや本当に、なにやってんだよ!当時の俺!失礼すぎるだろ!

それで、まあ、手伝ってもらうことで、私が東京で知り合った数々の演劇人に福永さんも会うことになるわけですが、そのたびに、私は「福岡演劇界のカリスマ、福永さんです。」と紹介していました。福岡から超大物が来たんだぞ!みんな!あなピグモ捕獲団の公演を括目して待て!、という気持ちを込めて、100%善意でそう紹介していたのですが、これが全然信じてもらえませんでした。関村なんかの知り合いにそんな大物がいるわけない、と思われていたのでしょう。信じてもらえないだけだったらよかったのですが、そのうちカリスマという言葉が一人歩きしはじめまして、「待ってました!大先生!」とか「ヨッ!大統領!」みたいな意味合いを持つあだ名として「カリスマ」が浸透してしまうという、非常に、福永さんにとって迷惑極まりない状況を生み出してしまいました。これについても、申し訳なく思っております。今でもうちの劇団員は福永さんのことをカリスマと呼びます。だったら、福岡演劇界の横綱、とかにしておけばよかったです。

紹介文と言う名の反省文になってますけども。そんなこんなも広い心で許してくれまして、あなピグモ捕獲団の拠点を福岡に戻した今でも、いろいろとお世話になっていまして、今回も、あひるなんちゃら福岡公演を実施するにあたり、様々な協力をしてくれました。感謝してもしきれない、そんな先輩であります。すげえ忙しいのに!というか、あひるなんちゃら「ピッピピがいた宇宙」福岡公演の、前の週に、あなピグモ捕獲団「パンクジェリーフィッシュフロー4AM」東京公演があるのに!

というわけで、そちらの公演情報を書いて、福永さんの紹介を終わりたいと思います。この公演、私とあひるなんちゃらの劇団員の根津も日替わりゲスト(金曜昼=根津、金曜夜=関村)で出演いたしますので、東京の方々は是非。福岡の方々はあひるなんちゃらのほうをよろしくお願いします!

-----
あなピグモ捕獲団「パンクジェリーフィッシュフロー4AM」

【脚本・演出】福永郁央

【東京公演】
2015年10月
16日(金)14:00/19:30
17日(土)14:00/19:30
18日(日)14:00
*開場は開演の30分前

<会場>
下北沢 シアター711
(東京都世田谷区北沢1-45-15)

<チケット予約>
予約はこちらからできます!

<料金>
一般前売 2,500円 / 当日 3,000円
U-25割引 1,500円 …25歳以下の方限定
  ※当日受付にて生年月日が確認できる証明証をご提示ください。
ペア券 4,500円 …事前予約のみ
-----
詳しくはあなピグモ捕獲団のサイトをご確認ください。



あと、明日は、その公演のために福永さんが東京にやってきて、飲みに行くに決まってるので、ブログはお休みです。明後日から、先日の福岡宣伝旅の旅日記を書きます!

posted by: 関村俊介 | 21:51 | comments(0) | trackbacks(0) | ピッピピがいた宇宙









この記事のトラックバックURL
http://blog.ahirunanchara.com/trackback/3131
トラックバック