あひるなんちゃら次回公演

日程:
  2018/03/01〜05
会場:
  下北沢 駅前劇場
Category
New Entries
Profile
Recent Comment
Archives
Search
mobile
qrcode
RSSATOM
もう年末だ
今年はとにかくたくさん芝居をしようと思って、なんやかんやとやってきて、次は12月9日と10日に個人企画があるわけなんですが、そうやっていろいろやってるとちゃんとスケジュールが埋まるわけです。もともとすげえ怠け者なうえに、だらしないので、例えば今日までやってる劇団員の根津の客演とか、思いっきり見逃しそうだったりしております。関村です。

ちょっと、このブログ宣伝ばっかりだな、と思ったので、違うことを書いてみてます。


前にも書いたかもしれないけど、年末年始の感じがとても好きなんですよ。テレビでお笑い番組をたくさんやるし。餅を食べられるし。友達も遊んでくれるし。親戚の集まりもあるし。あとはお年玉さえ貰えれば完璧なんですけど、さすがにもう貰えないので、少し残念だったりはしますが、それでもちょっとワクワクというかソワソワというかそんな感じになります。

ここ10年くらいは毎年、年末に大学時代のとある友人、クラスメイトであり演劇部の仲間でもあるそいつと、遊ぶんですよ。朝から遊んで夕方くらいから酒飲んで帰る、ってだけなんですけど、恒例のイベントなんですね。だいたい12月29日とか30日とかにやるんですけど、今年はスケジュールの都合で大晦日にやることになりました。

それで、ふとヤングだった頃のことを思い出したんですよ。たぶんまだ二十歳くらいの時、高校の頃の友達と大晦日に遊ぶのが当たり前で。ある年はなんの連絡もなく、いきなり友達が4人くらい車で我が家にやってきて、とりあえずうち(実家)で蕎麦を食べてから、車で出発して、別の一人暮らししてる友達の家に行って、そこでも蕎麦を食べて。それから朝まで、ずっとゲームして。適当なタイミングで初詣に行って。解散。家帰って寝る。っていう。文章にするとびっくりするくらい内容が無い過ごし方なんですけど、そんなことがやけに楽しかったんですよね。

で、気付きましたよね。「俺、何も変わってねえな…。」って。や、全然楽しいんで問題ないんですけど、成長してなさにびびります。ヤングだったあの頃は、20年後の自分はもっとちゃんと大人になってると思ってました。や、もちろん一緒にいた友人たちは、もうちょっとちゃんと大人になってますが。

ま、そんなこんなで、2017年も無事、楽しく終われそうなんで、ちゃんと終われるように、12月の個人企画とか、あと来年の準備とか、いろいろやっていかないとな、と思った次第です。意外に真面目なブログになってしまった。


えーと、とりあえず、明日、電子書籍で何冊か脚本の販売を開始します。詳しくはまた明日にでも書きます。(結局宣伝)

posted by: 関村俊介 | 03:39 | comments(0) | trackbacks(0) | 雑記・日記









この記事のトラックバックURL
http://ahirunanchara.jugem.jp/trackback/3293
トラックバック