あひるなんちゃら次回公演

日程:
  2018/09/26〜30
会場:
  下北沢 ザ・スズナリ
Category
New Entries
Profile
Recent Comment
Archives
Search
mobile
qrcode
RSSATOM
あひるなんちゃらのサイトの更新ができてないことについて
関村です。

7月5日正午。私は羽田空港にいました。
というのも、ここのところあひるなんちゃらの公演がない時期に頻繁にやっていた関村個人企画の公演を福岡でやるからでした。東京から連れて行く役者、堀と鈴木、とここで待ち合わせだったのです。堀のテンションが通常時よりだいぶ高かったことと、鈴木が信じられないくらい少ない荷物で現れたこと、以外には何の問題もなく無事に集合。一番荷物の少ない鈴木だけがハサミを所持しており、チェックにひっかかったけども、そこもなんとかクリアして出発を待ちます。鈴木ぃハサミなんかいらねえだろ、とその時に思ったか言ったかしたのですが、今にして思えば、遊びに行くのではなく芝居をしに行くのだから、ハサミやカッターナイフの1つも持って来ていない私のほうがどうかしていました。

福岡ではたくさんの友達にお世話になる予定だったので、お土産を買って行かなければ、と思いまして、堀と鈴木を待たせて、私は1人でお土産屋さんに行きました。でも、友達は東京土産なんか、珍しくもないし、別にいらないだろうなあ、と思ったと同時に、これで酒を買って戻ったらウケるかな、という野心が芽生えてきたので、レモンサワーだけを購入して2人のところに戻りました。堀はおかしなことがあるとつっこまずにいられない病気なので「なんでですか?お土産買いに行ったんですよね?いや、酒買ってくるんじゃねえかな、という予感もしてましたけど。」くらいの長めのつっこみを入れてくれたので、私は満足してレモンサワーを飲み始めました。
少ししてから「じゃあ、俺も、お土産見てきます。」と堀が席を立ちました。これは堀もレモンサワーを買ってくるな、と察知したので、どういうふうにつっこんだらいいかな、ストレートに「お前も買ってくるんかい!」かな、などと考えていると、数分後、堀は裏をかいてお土産を2つ買ってきました。そういう手があったか!やられた!しかも「こっちは今食べるやつだから」と、2つのうち1つを開封する堀。ごまたまごプリン、というその食べ物は3つ入りで、私と鈴木にも1つずつくれたのでした。美味しかった!

そんな上機嫌な状態で飛行機は離陸し、福岡に到着。さっそく雨が降っていました。私と鈴木は折りたたみの傘を持ってきていたのですが、堀はあえて持って来ず現地で買うプランでした。たしかにビニール傘などを購入したほうが、いろいろ楽かもしれません。折りたたみよりでかいし。そうです、私達が福岡に行く日はすごい雨になると予報で言われていたのです。そんなことを考えている間に、堀は、なぜか2500円もする折りたたみ傘を買っていました。え?なんで?や、高いだけあって折りたたみとは思えないほど大きいけど。

ホテルにチェックインして、ロビーで再集合。まずは、大橋を目指します。大橋という場所は、まあ、普通に住宅とか大学とかがある街でして、普通の観光客は絶対に行かないところです。でも、そこは私が大学時代を過ごした街で、今でもわりと近場に友達も住んでるし、行きたい店もあるので、そこでラーメンを食べてから、飲み屋に行く予定にしていたのです。飲み屋はちゃんと予約してあり、公演を手伝ってくれる人(普通に見に来てくれる友達とかも)をたくさん呼んであります。つまり、堀と鈴木はその人達と面識がないので、顔合わせをしようと思っていたわけです。あと公演の打ち合わせとかもするつもりでした、なにしろ普段は離れているのと、私がだらしないのとで、あんまり何をやるのかちゃんと福岡のみんなに伝えていなかったからです。

ラーメンを食べて、ビールまで飲んだのに、予定より30分ほど早く居酒屋に到着。予約より30分も早く来たのに、普通に通してくれました。たくさん人を呼んでいたので、20人くらい入れる席です。そこでたった3人で飲み始めました。30分が経過し、予定の時間になっても誰も来やしません。自分の人気の無さを痛感していると、しばらくしてから徐々に人が集まり始めました。よかった。やがて、なんやかんやで、ちゃんと集まって、打ち合わせなどはほぼしないまま、楽しく飲みました。あと、公演の受付の人員について何も考えてなかったんですけども、ここで話しているうちに先輩がやってくれることになって、すごく助かりました。その先輩たちは、普段は役者なので、見に来てくださった福岡のお客様たちは「え?なんであなピグモ捕獲団の石井さんと遠藤さんが受付なの?」とびっくりしたと思いますが、まあ、そういうわけです。

結局、6時間くらいその店で飲んで、解散。解散直前に仕事終わりに車で駆けつけてくれてノンアルコールビールしか飲まなかったというホテルまで送ってくれるとしか思えない先輩(照明家)がいたので、遠慮なく送ってもらうことにしまして、麺ちゃんこ屋で、麺と酒をさらに摂取してからホテルに戻りました。

翌日。7月6日。公演初日。大豪雨。いろいろ大変なことになってるのは重々承知ですが、公演をやりに来てしまっているので、お客様は来ないかもしれないけど、やるつもりでちゃんと予定通りに動きます。なので、まずは、焼いた鯖の美味しい店でランチ。相変わらず美味い。

それから会場に向かいます。会場に到着すると、ちょうど今回制作を手伝ってくれるクロキちゃんが小屋主さんに鍵を借りているところでした。小屋主さんにも挨拶して(小屋主さんとか言ってたけど、大学の後輩だとわかったので、途中から友達扱い)、いろいろ準備をします。と言っても、照明を調整して音を鳴らせるようにするだけです。照明については昨日照明家の先輩に相談すべきだったと反省しながら時間をすごい使って調整し(本当はスケジュール開けてもらって先輩にやってもらいたかったんだけど、さすがにプロにそれを頼むのは気が引けたのでしなかった)、音については小屋主さんにあとはパソコンをつなぐだけのところまで仕込んでもらって、完了。パソコンをつないで、無事、音も鳴りまして、ああよかったねこれで公演できるね、となったのですが…。

それから30分後くらいでしょうか。一段落したので、みんながそれぞれご飯を食べに行ったり、なにか買い物をしに行ったりで、誰もいない時でした。私だけはまだやることがあったので、会場にいました。なんかパソコンから、というか、スピーカーからパソコンがエラーを出してる音がしまして。で、見に行くと、パソコンがどんどんいろいろなエラーを出したあげく、いかにも壊れましたよって感じで突然ブラックアウトしました。パチスロだったらそこからロングフリーズ演出が始まって激アツなんですが、これは普通のパソコンなのでそんなことはありませんでした。もちろん、パソコンが立ち上がることは二度とありませんでした。

大雨の中、リュックに入れて運んだのが良くなかったのでしょう。
ああ、ホテルを出る前に、パソコンをビニールかなんかで包んでいれば、そこまでしなくても昨日着てた服で包んでいれば、折りたたみ傘なんか持って来ないで堀みたいにこっちででかい傘を買っていれば、鈴木みたいにハサミを持ってきていれば、いろいろな後悔が頭の中を駆け巡りました。


というわけで、私のパソコンが壊れまして。現在(8月2日)は修理に出してるところです。

あひるなんちゃらのサイトを作ってるのは私ではなくて、上記の飲み会にもいた後輩で、なんならリニューアルしてもらったので、近々、それをアップロードする予定だったんですけども。そのアップロードをしてるのが私なんですね。で、私のパソコンにあひるなんちゃらのサイトを更新するのに必要な情報が入ってまして、というか、そこにしか入ってなくてですね。そんなわけで、次回公演情報、サイトにアップできてません!ブログの情報が最新ですので、ブログのほうでチェックしていただけると助かります!次回公演の情報はこちらに載っています。よろしくおねがいします。


福岡の話の続きは、そのうち書くと思います。

posted by: 関村俊介 | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) | 雑記・日記









この記事のトラックバックURL
http://ahirunanchara.jugem.jp/trackback/3324
トラックバック