あひるなんちゃら次回公演

日程:
  2019/09/12〜16
会場:
  下北沢 駅前劇場
Category
New Entries
Profile
Recent Comment
Archives
Search
mobile
qrcode
RSSATOM
私の今年のゴールデンウィーク
ゴールデンウィーク。良い響きですね。私は、あまり関係なかったりするんですけども。でも、電車に乗ってもいつもよりは混んでないとか、普段は忙しい友達が遊んでくれるとか、そういうことがあるので、相変わらず好きだし少しワクワクするんですよ。今年は、有給休暇だとかそういうのを駆使しなくても、ガチで10連休という、今後あるのかわからないくらいの大型連休で、しかも元号も変わるし、ちょっとした正月くらいのノリだと思うんですよ。

最初に書いたとおり、私はわりと普段と同じような生活な予定(何回か友達と遊ぶ予定はある)なんですけども、銀行でお金をおろすのに手数料がかかるじゃないですか、だから、友達と遊ぶぶんだけでもお金をおろしておこうと思ってて。でも、常に自転車操業のザ・その日暮らしなので、昨日入る予定だったとある仕事で得た賃金が頼りだったんですよ。月末に支払われる約束なので、銀行がやってない都合上、前倒し前倒しになって昨日入る予定だったのです。

で、昼過ぎに用事が終わったので、とりあえず銀行に行ってみると残高が増えてませんでした。まあ、さすがに今日は銀行も混雑してるだろうし、ちょっとは遅くなるよな、と思って、一度家に帰って昼寝をして、15時にネットバンキングで残高が増えているか確認します、増えてません。あれ?ちょっと怖いな。銀行名でリアルタイム検索してみると、ネットバンキングの反映が遅くなっている、みたいな情報が出て来まして、そうかそうかそういうこともあるか、と思って、ATMに行ってみました。残高は増えていませんでした。いやいやいや、でもまあさすがに大丈夫だろう、振り込まれないなんてことはないだろうと、思いながらも不安になってツイッターに「ま、まさか!今日振り込まれないのか!?」といったつぶやきをしたところ、それを見た同じ会社から本日お金が振り込まれる予定の友達から「俺は入ったよ。」という連絡が。あーよかった、とりあえず、入ることは間違いない、やっぱり銀行がちょっとあれなんだ、とほっとしたんですが、あれ?本当にそうかな?、という疑念もわいてきて、もしかして俺のことだけ忘れているのかもしれない、などのネガティブな思考に支配されながら、家を出発しました。そうです、昨日は、あひるなんちゃら次回公演出演者オーディションの1回目があったのです。

大丈夫きっと大丈夫(後藤真希「やる気!IT'S EASY」より)、と自分に言い聞かせながら、会場に向かいまして。さすがにお金のことは忘れてオーディションをしまして。「本当思っていたより良い人ばっかりで」と、他の劇団の主宰とかがオーディションの後に書いてたら「嘘つけ!バカ野郎!」と口から唾を飛ばしながら言いますけども、「本当思っていたより良い人ばっかりで」とマジで思いました。あーオーディションやってよかったな、しかもまだあと1回あるし、これは最終的に相当悩むだろうな、と考えながら家路につきました。

いい気分で家に帰ってきて、寝て、起きて、今日ですね。今日、起きた瞬間に金の件を思い出して、とりあえずネットバンキングを見たらですね、なんとですね、残高が増えてないの!えー!マジで!?リアリィ!?

それでも、もしかしたら銀行がおかしいのかもしれないと思いつつ、一応、先方に「あの、銀行がおかしいかもしれないんですが、お金が振り込まれていないのです。」みたいなメールをしまして。まあ、朝食なんぞを食べますよね。それから、今日は朝から調布のほうに行って、ラジオボンバーっていうラジオに出る日だったから、調布に向かっていたら、メールの返信があって。「すみません!今日振り込みます!」とのこと。…そうか…忘れてたのか…。振り込むのが、今日でも、明日でも、一週間後でも、私の口座に入るのは5月7日なのでは?だから別に今日じゃなくていいですよ。。。と思ったので、いやいや急がなくて大丈夫です、とか返信しようと思ったのだけど、これから10日間のゴールデンウィークが貧乏確定したショックで、そういった気遣いとかする気力がわかなかったので「了解です。ありがとうございます。」とだけ返信したのでした。いや、冷静に考えたら厳しすぎるって!

というわけで、私の今年のゴールデンウィークは、終わりました。おつかれさまでした。早く正月来ないかなあ。あと、もう年齢的に完全に手遅れだけど、貯金するって大事なんだなあ。

posted by: 関村俊介 | 17:11 | comments(0) | trackbacks(0) | 雑記・日記









この記事のトラックバックURL
http://ahirunanchara.jugem.jp/trackback/3372
トラックバック