あひるなんちゃら次回公演

日程:
  2019/09/12〜16
会場:
  下北沢 駅前劇場
Category
New Entries
Profile
Recent Comment
Archives
Search
mobile
qrcode
RSSATOM
あひるなんちゃら「シュカシュカ」は明後日(12日)から!みんな見に来て!
あひるなんちゃら関村です。明後日から本番です。今日、最後の練習をして。明日、劇場でいろいろ準備して。明後日の夜から本番です。

やー、ここらで一発、面白ブログでも書いて、見に来るかどうか迷っているお客様にアピールするぞ!と意気込んで書き始めてみたんですけども、実は一昨日、ぎっくり腰をやってしまいまして、腰が痛いのです。痛いから、パソコンの前に座ってると「痛いなあ。早く治らないかなあ。」しか考えられないの。本番に向けて追い込みをかけてるこの時期なので、もちろん練習はちゃんとやってますけども、なにせ座ってられないから、立ったまま演出してます。

説明するのがめんどくさいので、私がぎっくり腰になったことは劇団員にしか言ってないんですよ。で、今回は、オーディションをやったのもあって、初めて出演する役者が何人もいるんです。

ちょっと想像してみてください。役者たちが芝居をしているのを正面から立ったまま見て、立ったまま指示を出しているのです。その横に、出番ではない役者やスタッフが座っています。練習場で、立ってるのは私だけ、という瞬間さえあります。

つまり、たぶん新しい役者たちには「あの人は、本番直前になると立って演出をする、とっても情熱的な演出家なんだな。」と思われています。完全に誤解なんですけども、まあ、それくらい腰が痛いのです。

どうあれ、練習はちゃんとやれるくらいのぎっくり腰でよかった。あと2日あるんで、本番初日には普通になってると思います。いや、普通ではないかもしれないけど、しれっと前説できるくらいにはなってるんじゃないですかね。

こういうことをインターネットに書くとですね「大丈夫ですか?」とか「お大事に」とか「温めるといいらしいですよ」とか、優しい声をかけてくれる人がいて、大変にありがたいんですけども、そんな言葉はいらないので、是非とも予約をして見に来てください。本当に。心配よりも予約が欲しい、そういう時期です。

まあ、そういうわけで、ツイッターとかにも腰のことは書いてなかったんですが、こうして予約欲しさに書いてしまったので、さらに腰のことを書きますけども。

一昨日、練習に行こうとして、玄関で靴を履いている時に、やっちまったんですよ、腰。なんでもない動きだったんですけどね。でも、まあ、そのまま練習に行って、さっき書いた通り立ったまま練習をしまして、帰ってきて、なんとか寝ようとするんですけど、眠れないわけですよ。で、翌朝になって、病院に行くじゃないですか。

その病院は8時半から受付開始の9時から診察なので、8時20分くらいに家を出まして、よちよち歩きまして、病院の前に8時25分に到着したんです。幸い、誰も並んでいませんでした。1秒でも早く楽になりたいので、ほっとして、そのまま病院の前に立って行列の先頭の人になったわけです。2分後に、お爺さんがやってきました。そのまま私の後ろに並ぶかと思ったら、何故か横に立って話かけてきました。

「俺さ、時間間違って、1時間前に来ちゃったんだよ。」

「はあ。」以外に返す言葉を思い付かなかったんですけども、これはつまり、お爺さんは「俺のほうが先頭で受付な!」ということをアピールしているわけです。「いやいやいや、お前、並んでなかったじゃん。」って思うじゃないですか。こっちも余裕ないですから、そこはもう相手が老人でも、できれば先に受付したいですよ、私も。

「肘が痛くてよお。」

と、自分の病状を説明してくるお爺さん。「知らねえよ、並べよ。」と言いたいところをぐっと我慢して、その気持ちだけを込めて「そうなんだー。」と返事をしました。

「1時間待ったんだよ。」

なおもアピールは続きます。どうしていいかわからないうちに、病院のシャッターが開きました。もちろん、お爺さんは強引に私より先に病院に入っていきました。この野郎!俺はまだ譲ってねえぞ!、と思ったところで、腰が痛いから何もできませんでした。腰が痛い人はこんなに弱いのか。

こんな弱い人間が言っているのだから、本当、あひるなんちゃら「シュカシュカ」の予約のほう、よろしくお願いします。

で、まあ、普通にぎっくり腰と診断されまして、お薬をもらいまして、家に帰って、安静にしてたんですよ。練習の時間までにある程度治れ!と。今日は情熱の演出家と思われたくない!、と。

そんなお昼頃に、近所の人が訪ねてきました。そして「しゅんちゃん、最近よく自転車乗ってるからさ。」と、買ったけど3回くらいしか乗ってないという、わりと高級そうな自転車をくれたのです。えー!嬉しい!

なにしろ、子供の頃から私のことを知っていますので、まあいくつになって子供みたいに見えてるわけですよ。なので、ギアはこういう風になってて、などの説明をしてくれまして、最終的に「どう?ちょっと乗ってみる?」ってなりますよ、そりゃもちろん。でもさ、腰痛いの。自転車乗れるようなコンディションじゃないの。いや、たぶん、ママチャリなら乗れるけど、こういうスポーツっぽいタイプのやつは乗れるような腰じゃないの、今、前にかがめないから。でも、本当、貰えたことは嬉しいの。でも、ここで乗らないと「嬉しがってる感じだけど、本当は自転車あげたりして迷惑だったんじゃないか。」とか思われちゃうかもしれないじゃないですか。だから、ここはなんとしても乗りたいんですよ。でもね、跨ることさえできないの。うわー、どうしよう。と思いながら「今、ちょっと、腰が痛くて。」と中途半端なことだけ言って、貰って帰ってきたのでした。絶対に「しゅんちゃんそんなに喜んでなかったね。」ってなってるだろうなあ。いつの日か、本当に喜んでいた、と思ってもらえるように、腰が治ったら乗り倒さなければなりません。

といったわけで、腰が痛いだけで、こんなにも人生ままなりません。せめて、明後日から始まるあひるなんちゃら「シュカシュカ」だけでも、いろいろ思うままになってほしいものです。そのためにはみなさまのご予約とご来場が必要です!なにとぞ!よろしくお願いします!

ご予約はこちらからできます!

面白ブログじゃなくて、ただの泣き落としみたいになっちゃいましたけど、本当、よろしくお願いします!


公演情報
-----
あひるなんちゃら
「シュカシュカ」

■出演■

根津茂尚
篠本美帆
田代尚子
野村梨々子

石澤美和
市川賢太郎(肉汁サイドストーリー)
上松コナン(暮らし)
おがわじゅんや(MCR)
川久保晴
辰木さえ
田村かなみ
ヒガシナオキ(gekidanU)
松木美路子
ワタナベミノリ(ECHOES)

■脚本・演出■

関村俊介

■日時■

2019年09月12日〜16日

2019年09月12日(木) 19:30★
2019年09月13日(金) 15:00/20:00
2019年09月14日(土) 15:00/19:00
2019年09月15日(日) 14:00/18:00
2019年09月16日(祝) 15:00
※受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前。
※全席自由
★…終演後、初日イベントあり。イベント内容はそのうち発表します。

■料金■

一般
  予約あり 2000円
  予約なし 2500円

学生割引
  予約あり 1000円
  予約なし 1500円

※未就学児童は無料
※全席自由席・日時指定・受付時に整理券を配付
※学生料金をご希望の方は公演当日に受付で学生であることを証明できるもの(学生証など)をご提示ください。

■予約■

ご予約はこちらからできます!

■会場■

下北沢 駅前劇場
世田谷区北沢2-11-8 TAROビル 3F
03-3414-0019
※下北沢駅、小田急線「東口」・京王井の頭線「中央口」より徒歩3分。


■お問い合わせ■

info@ahirunanchara.com
03-5945-3533 (あひるなんちゃら)
※電話は公演期間中には受付に転送されますので公演当日もお気軽にお問い合わせください。

■スタッフ■
照明:久保田つばさ / 音響:星野大輔(サウンドウィーズ) / 音響操作:櫻内憧海 / 音楽:綱島慎平 / 作詞サポーター:永山智啓(elePHANTMoon) / 舞台にあるもの:コマツバラミワ / WEB:ムー / 宣伝美術:デザイン太陽と雲 / 協力:なんわりなんわり、イマジネイション、ECHOES、RYU CONNECTION / 公式サポーター:日栄洋祐(キリンバズウカ) / 育休:伯美乃里 / 制作:中川加奈子 / 企画・製作:あひるなんちゃら





posted by: 関村俊介 | 12:11 | comments(0) | trackbacks(0) | 雑記・日記









この記事のトラックバックURL
http://ahirunanchara.jugem.jp/trackback/3408
トラックバック