あひるなんちゃら次回公演

日程:
  2020/09/4〜8
会場:
  ツイキャス(ライブ配信)
Category
New Entries
Profile
Recent Comment
Archives
Search
mobile
qrcode
RSSATOM
あひるなんちゃら「畳子力学」終わりました
あひるなんちゃら配信公演「畳子力学」終わりました。

まあ、2週間前に終わってるんですけども。おとといまでは、アーカイブが残ってて見れたので、終わりましたっていうブログはまだ書かないでいいか、という私の怠け者思考により、書いてませんでした。

といったわけで、ようやく書きますが、見ていただいたみなさまありがとうございました。

無観客ライブ配信、っていう表記に若干違和感がありまして。たしかに芝居をやっている会場にはお客様はいないんですけども、画面の前にはお客様が存在しているので、無観客っていうのはなんかちょっと違うかなあとか、そういう意味で。実際、役者たちもリハーサルまでと本番では、明らかに違いました。やっぱりお客様が見ているということがちゃんと影響を及ぼすんですよ(アーカイブで見てくださる方がいることも含めて)。でも、まあ説明するのに便利なので、無観客って書いちゃいますけど。

無観客であるからこそできることをやってみたくて。と書くと、なにやら大層なことみたいですけども、ちょっとしたことで。わかりやすいところだと、舞台面に畳を敷いて、そこに座って芝居をするっていうのがそれで。それだけでもなかなかいままでの公演だとできなかったんです。それをやると客席からいろんな部分がよく見えないから。まあ、大きな会場を借りて舞台面を高くしたらできるっちゃできるんですが、予算的に無理なわけですよ。他にも、いろいろ無観客配信だからできたことがあって、非常に楽しくやってました。

あひるなんちゃらの公演の直後に福岡に行きました。遊びに行ったわけではなく(私のツイッターを見てたら、遊んでるだけに見えたと思いますが)、芝居に出演するために行きました。だから、まあ、仕事ね。美味いものとかたくさん食べたけど、あくまでも仕事で、福岡に行ってきまして。そちらは、いつもの半分以下の客席を用意して、お客様が見に来るという形だったので、短期間に「無観客ライブ配信」と「もろもろのガイドラインを守りつつ有観客」を両方を体験したんですよ。

両方やってみてわかったことがあって。

いつでも、無制限に自由に芝居を作ってるわけではなくて、それなりの制限があってやっているんですよね。当たり前なんですけども。あ、表現の自由とかそういう話ではなく、予算とか規模とかによる制限があるという話です。最後のシーンで本物の雪を降らせたいなあ、とか、いや金さえあれば出来ますよ、今の人間の科学力があれば、でも、できないじゃないですか。

でも、舞台上で、殺人鬼の役を本物の殺人鬼がやってたら怖くて見てられないし(そのスリルを楽しめちゃう人もいるとは思いますが)、赤ちゃんの役を赤ちゃんがやってたら泣くばっかりで思った通りの芝居にならないし(奇跡的に面白くなる可能性もあるけど)、雪じゃなくて紙が降ってくるからこそ素敵なこともあると思うんですよ。

そういった、いろいろな制限があるから、他の方法を考える、っていうのを面白がってやってたよなあ、と、初心を思い出しまして。

「いつかは売れて、予算使って、本物の雪を降らすぞ!」みたいな野心を否定してるわけではないし。ここまで言っておいて、次のあひるなんちゃらの公演で本物の雪が降ってきたらめちゃめちゃ面白いな、とも思いますけど。

まあ、とにかく「無観客ライブ配信」も「もろもろのガイドラインを守りつつ有観客」も、今ある制限の中で何をやろうかなあ、ということを考えた末に選ぶことでしかないんだよなあ、と、そういう意味ではどっちも同じだなあ、と、そんなことが、わかりました。

で、あひるなんちゃらの話に戻りますと、思ってた以上にチケット売れなかったな、とかはあるんですけども。そこらへんは、初めてのことだったのもあって、案内が足りなかったなあとか、あんまり配信に適した時間帯じゃなかったなあとか、アーカイブについてもっと説明しておくべきだったなあとか、いろいろ反省点があるので、これから改善していこうと思っていて。試行錯誤しながら次回も配信でやりたいなあと今のところは考えております。や、劇団員がどう思ってるかわかんないんで、あくまでも、私の個人的な意見ですけどね。あと、次回公演の時期もまだ決まってないですけどね。早ければ、いつもどおり来年2月か3月ですかねえ。まあ、その時もなにとぞよろしくお願いいたします。

最後に、繰り返しになりますが、配信を見てくださったみなさま、本当にありがとうございました!


posted by: 関村俊介 | 20:26 | comments(0) | - | 雑記・日記